ユニクロ流!ジャケットとダウンの正しい畳み方!【ヒルナンデス!】

友達とご飯に行った時、コートやジャケットはもちろん脱ぎますよね?

でも、脱いだ後ってどうしてますか?

イスにかけるか、荷物用バスケットに入れておくかしているんじゃないでしょうか。

イスは服を掛けるために作られたわけじゃないので、型崩れしてしまいますし、バスケットに入れるにしても、そのまま放り込んだらシワがついてしまいます。

そこで、最大規模のアパレルメーカー「ユニクロ」から、正しい畳み方のマニュアルをご紹介します。

また、ダウンの正しい袋への収納方法も紹介しますので、チェックしてみてください。

ジャケットの綺麗な畳み方

それではまずは、ジャケットの畳み方からです。

6

①まずは、ジャケットの肩口に手を入れ、肩と肩を合わせるように畳みます。

7

②一方を裏返して、もう片方に被せます。

8

③あとはそれを2つ折りにして、完成!

簡単ですよね?

こうすることで、表の生地が汚れることも無く、型崩れも防げて一石二鳥です。

さすがユニクロ。衣類に関してはエキスパートですね!

 

スポンサーリンク

ウルトラライトダウンの収納方法

1

お次はこちら。

軽くて暖かく、持ち運びに便利なウルトラライトダウンですが・・・

意外と付属の袋に収納するのが難しいんですよね(-_-;)

でも、正しい畳み方をすれば、簡単に収納できるんですよ!?

5

①まずは、首のラインを目安に、縦に3等分し、三つ折りしていきます。

3

②そして、それを更に半分にします。

4

③あとは、開きやすい袖がある方から、巻き込んでいきます。

これでスッポリ収納出来るというわけです!

さて、いかがでしたでしょうか。

世界で活躍するユニクロ。畳み方に至るまで、テクニックを確立していますねー。

ぜひ真似してみてください!

それでは今回は以上になります。最後までご覧頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です