バック駐車のコツ3つ!これでもう失敗しない!

車の運転が苦手な人は多いと思います。

その中でも、「バック駐車」は一つの関門でしょうね。

教習所で方向転換の練習はしましたが、駐車の練習って意外としてないんですよね。

ですから、上手く出来ないのも当たり前と言えば当たり前。

それに、やっぱり数をこなさないと、どうしても克服できないところもありますから、免許を取って間もない人が上手くいかないのは当然のことなんです。

しかし、数をこなしても、ポイントをしっかり押さえていないと、このまま上達しないかもしれませんよ?

今回は、「バック駐車の時必要な3つのコツ」を伝授したいと思います!

サイドミラーを活用する!

ドアを開けて半身を乗り出し、後方を確認する人や、バックミラーを使って駐車しようとする人がいますが、基本的にはサイドミラーを使います!

なぜかというと、タイヤが今どの位置にあるのかを確認したいからです。

タイヤの向きと位置が合っている=駐車スペースにしっかり納まっているということですから、バック運転中、気にするのはタイヤだけでいいのです。

タイヤの位置をしっかり見定めるためにも、サイドミラーの角度には注意したいものです。

ポイントとしては

①後輪がしっかり映っていること
②普段の走行中も問題ない角度であること

の2つです。

駐車の度に、ミラーをいじらなければいけないなんて面倒ですからね。

自分が見やすい角度に予め調節しておきましょう。

Sponsored Link

ピボットを必ず使う!

ピボットエリアってご存知ですか?

駐車スペースの白線ってありますよね。あの先端の部分を「ピボットエリア」って言うんです。

これの便利さに気づけないと、いつまで経っても駐車は上達しません!

ぜひ活用しましょう。

さて、具体的な方法ですが、ピボットエリアに車の前輪が差し掛かったタイミングで、ハンドルを切ります。左から右へ進んだのなら左へ、右から左へ進んだのなら右へハンドルを切ります。

いいですか。

右折ハンドル

ピボットエリアに差し掛かったタイミングで・・・

右折ハンドルきったあと

ハンドルを右へ切るんです。

ここまで来てしまったら、もうあと一息ですよ!

➡次ページに続く!!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です